【白点病・コケ対策】アクアリウムにおける殺菌灯の効果と性能比較!

水槽用品

【白点病・コケ対策】アクアリウムにおける殺菌灯の効果と性能比較!

殺菌灯を導入しようと思い、性能や価格など各製品の比較をしてみようとこちらの記事にまとめました。購入の参考にしていただければと思います。

殺菌灯について

殺菌灯ってなに?

殺菌灯は飼育水に紫外線を照射することによって、殺菌・消毒ができるものです。

紫外線は物質を変質させる強い力があり、紫外線の力を使って水中の病原体やコケの胞子死滅させたり、フンやエサなどの有機物を分解したりできます。

殺菌灯は単体では使用できず、水中ポンプや外部式フィルターで水を吸い出し、殺菌灯の中を通過させて、その際に紫外線を照射して殺菌・消毒した水を水槽内や濾過槽に戻して使用します。

殺菌灯って必要なの?

正直言って殺菌灯がなくても熱帯魚を飼育する事は可能ですので、飼育する際に絶対に必要というわけではありません!

しかし、熱帯魚を飼育するうえで起こるトラブルを予防する効果が殺菌灯にはあります。特に、海水魚を飼育する際は、設置しておいて損はないものではないでしょうか。

次に殺菌灯のメリット・デメリットを紹介します。

殺菌灯のメリット

病気の予防ができる

魚の病気は菌が原因の物と寄生虫が原因の物がありますが、そのどちらも予防することができます。

特に白点病予防には効果的で、白点病は寄生虫が魚に寄生して起こる病気です。殺菌灯は水中の寄生虫を殺すことができますので、白点病が蔓延するのを防止することができます。

ただし、魚に直接紫外線を当てるわけではないので、すでに白点病が発症している魚には効果ありません。あくまで治療ではなく予防と考えた方がいいです。

コケの抑制ができる

水槽内に発生するコケは胞子によって増えていきます。

殺菌灯はコケの胞子を死滅させることができますので、コケの繁殖を抑制させる効果があります。

ただし、これもすでにコケが生えてしまっているものを殺すわけではないので、別の方法で除去する必要があります。

有機物の分解

エサの食べ残しやフンなどの有機物は水が汚れる原因となります。

殺菌灯にはその有機物を分解する効果がありますので、水が汚れるのを抑制することができます。

ですが、あくまで取り除くわけではないので水替えをしなくてよいわけではありません。

飼育水の漂白作用

紫外線には漂白作用があるため、殺菌灯を設置すると飼育水の黄ばみを防いでくれます

殺菌灯のデメリット

水温が多少上がる

極端に上がることはないと思いますが、多少水温の上昇があります。

水中ポンプや外部式フィルターと併用しますし、殺菌灯自体も熱が出る事が原因です。

ヒーターのサーモスタットを調整したり、クーラーを使用したりして対処できます。

ろ過バクテリアも殺菌してしまう

熱帯魚を飼育するうえで、ろ過バクテリアは大切な存在ですが、殺菌灯を使用すると有害なバクテリアと一緒にろ過バクテリアも殺菌してしまいます。

ろ材を使用していないで飼育することはあまりないと思いますが、水槽を立ち上げてからろ材にしっかりとろ過バクテリアが繁殖した状態の水槽に導入すれば問題ないです。

追加でろ過バクテリアを添加する時は殺菌灯を消した状態が良いと思います。

単体で使用できない

殺菌灯ないに水を通す必要があるので、必ず水中ポンプなどの水を送る装置が必要です。

殺菌灯は水をゆっくりと通した方が効果が高くなりますので、殺菌灯が対応する流量をしっかり確認することが大事です。

あまり強すぎる流量では、水が通過するスピードが速すぎて殺菌能力に支障がでます。

必ず殺菌灯が対応する流量を確認して、適切な流量のポンプを選ぶのが大事になります。

殺菌灯のランプに寿命がある

殺菌灯の中にあるUVランプには寿命があります。約8000時間、日数だと約333日くらいのものが多いです。寿命が切れたものは殺菌能力がなくなりますので、交換が必要です。

どんな殺菌灯を選べばよいか?

W数が大きい物の方が効果が高い

大型の物の方が紫外線に接触する時間が長くなるため、効果が高くなります。

選ぶ際は飼育水量ギリギリの製品よりも1ランク上の物の方が効果を見込めます

殺菌灯に合わせたポンプを選ぶ

適切な流量でないと殺菌効果を見込めません

ポンプの流量が大きすぎると殺菌灯内の水の通過スピードが速くなり殺菌能力が落ちてしまいます。

紫外線照射度が高い物が効果が高い

各製品毎に紫外線照射度というのが公表されていますが、この紫外線照射度が高い物の方が殺菌効果が高いです。

殺菌灯の性能比較

製品名 W数    適合水量 適合循環水量   紫外線照射度 ランプ寿命 価格
カミハタ
ターボツイストZ 9W
9W 約300L以下     5~10L/分 9580μW/cm2 約8000時間     ¥15,000
カミハタ
ターボツイストZ 18W
18W 約600L以下 10~25L/分 11400μW/cm2 約8000時間 ¥21,000
カミハタ
ターボツイストZ 36W
36W 約1200L以下 20~50L/分 11400μW/cm2 約8000時間 ¥27,000
エーハイム
リーフレックス UV350
7W 80~350L 400L/h 32000μW/cm2 約8000時間 ¥10,800
エーハイム
リーフレックス UV
500
9W 300~500L 800L/h 35000μW/cm2 約8000時間 ¥15,800
エーハイム
リーフレックス UV800
11W 400~800L 1200L/h 47000μW/cm2 約8000時間 ¥19,990
レインボー
ライフガード
殺菌灯 QL-15
15W 450L以下 20L/分以下     ¥37,572
レインボー
ライフガード
殺菌灯 QL-25
25W 600L以下 50L/分以下     ¥45,200
レインボー
ライフガード
殺菌灯 QL-40
40W 1300L以下 100L/分以下     ¥54,100
ゼンスイ 
UVバズーカ
13w 約500L以下 10~30L/分 8000μW/cm 約 5000時間 ¥8,888
テトラ
UV殺菌灯60
UV-60 7W
7W 250L以下 120~400L/h 5445μW/cm2 約8000時間 ¥9,896
テトラ
UV殺菌灯120
UV-120 11W 
  
11w 450L以下 120~1200L/h 9510μW/cm2 約8000時間 ¥13,990
アズー
UV ステライザー
9W   200L/h     ¥9,060
製品名 W数   適合水量 適合循環水量    紫外線照射度 ランプ寿命 価格

オススメの殺菌灯

カミハタ ターボツイストZ

アクアリウム用の殺菌灯で1番有名なのがカミハタのターボツイストZだと思います。殺菌灯内を水が螺旋状に流れる構造になっているため、水が紫外線に当たる時間を長くできる作りになっています。構造もシンプルなので、水槽への取り付けやランプの交換も簡単にできます。

ゼンスイ UVバズーカ

水槽用クーラーで有名なゼンスイ製の殺菌灯です。他の製品より価格が安く、手を出しやすいのが魅力です。1種類しかありませんが、カミハタの600L用に近い性能になっています。コストをあまりかけたくない方にオススメです。

エーハイム リーフレックス 

外部式フィルターで有名なエーハイム性の殺菌灯です。外部式フィルターに取り付けやすいホース取り付け口や高い紫外線照射度が特徴的です。3種類あるので水槽容量によって選べるのも魅力的です。ランプ交換の際に+ドライバーが必要になります。

まとめ

私購入にあたり各製品を比較した結果、2つの製品に絞りました。水槽に接続のしやすさでカミハタ、性能的にエーハイムの2つです。

実際購入したのは、エーハイムのリーフレックスUV350を選びました。オーバーフロー水槽に設置予定ですが、配管の取り回しがちょっと工夫が必要になるかと思いますが、紫外線照射度の高いエーハイムに惹かれた点で購入に至りました。

実際に使用したレビューも紹介したいと思います。

コメント