【超簡単】自家製ディスカスハンバーグの作り方

ディスカス

オリジナルディスカスハンバーグを作ろう!



皆さんはディスカスのエサは何を与えていますか?
多くの方が熱帯魚店で購入した、人工飼料や赤虫、ディスカスハンバーグなどを
与えていると思います。
ディスカスハンバーグは簡単に、安く作れたらいいと思いませんか?
自分で作ったハンバーグをディスカス達が食べてくれたら
ディスカスへの愛着もますますわくと思いますよ!

ディスカスハンバーグの材料

ネット上や文献などではディスカスハンバーグの材料に
牛ハツを使用していると思いますが、なかなかスーパーで牛ハツが売っていません!
そこで牛ハツの代用として鶏のササミを材料にしました。

基本の材料

  • 鶏のササミ            200gくらい
  • ブラックタイガー        1~2匹
  • ビタミンB錠剤         2~3粒
  • ビオフェルミンS錠剤     2~3粒
  • 乾燥サクラエビ        適量
  • すりおろしニンニク      少々

オリジナルでアレンジ

  • スピルリナまたはクロレラ   1~4粒

材料は以上になります。どの材料もスーパーやドラッグストアで
手に入るもので作れちゃいます!

作り方

1.錠剤類をすり鉢で粉にします。

2.乾燥サクラエビもすり鉢で粉にします。

サクラエビは無着色の物を使用した方がいいと思います。

3.ブラックタイガーの殻を取って、ササミと一緒に

フードプロセッサーでミンチにします。

4.ミンチに先ほど粉にした錠剤を混ぜます。

スピルリナ入りのミンチなので緑色になりました(笑)

5.ジップロックに入れて伸ばしながら形を整えて冷凍庫へ

オリジナルハンバーグの栄養と役割

鶏ササミ・・・脂肪分が少なく高タンパクなので成長の促進に

むきエビ・・・エビに含まれているアスタキサンチンで赤色の色揚げ、ハンバーグのばらけ防止

ビタミンB・・・青色の色揚げ効果

ビオフェルミン・・・消化吸収を助けます

桜エビ・・・カルシウム・アスタキサンチン・ビタミンE

ニンニク・・・食欲増進、ビタミンの吸収を助ける

スピルリナ・・・カロチノイドで赤の色揚げ効果他にもミネラルなど栄養豊富

こんな感じで効果があるらしいので、ハンバーグに各栄養素を追加して

オリジナルで作ってみましたが、効果はまだわかりません(;^ω^)

まとめ

上のレシピでオリジナルのディスカスハンバーグを作りましたが、食いつきはいい感じでした!

ディスカスの他にもコリドラスやプレコ、テトラ類も食べてくれたので

材料としては間違っていないはずです(;^ω^)

混ぜるものを変えて自分の飼育している熱帯魚に合わせて作ってみるのもいいですね!

錠剤類がちょっと高いですが、1度購入してしまえば長い目で見たら安く

ディスカスハンバーグを作ることができます。

他にも赤虫や人工飼料を混ぜて餌付け用にハンバーグを作ることもできます。

自家製ハンバーグを飼育しているディスカス達が食べてくれた時の

喜びはなかなか嬉しいものですよ(^^♪

ぜひ挑戦してみてください♪

コメント